ドルツ ジェットウォッシャーのホースから水漏れ!交換パーツ型番「EW1250W0827P」で簡単に修理できました😋【EW1250P・EW-DJ61共通】

2012年から使っている「パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ」

すでに7年目突入なので仕方ないのですがホースから水漏れ。。。


流石に買い替えかな?と思いましたが補修部品がリリースされていました!

早速購入&交換してみました!

なお旧型「EW1250P」用のパーツですがホースは後継機種の「EW-DJ61」にも使えます。

補修部品の型番は「EW1250W0827P」

補修部品にはホースだけでなく本体カバーやネジも入っています。

添付されていた書類を見る限りどうやら初期型の初期ロットには水漏れがあったぽいですね。

ホースの固定がネジ1本だったのを2本に改善するためのパーツセットっぽいです。

なので本体カバーもセットになっているんですね。

微妙にリコール要素もあるので1,000円程度と激安です(^^)

とりあえず交換してきましょう!

ホースの交換

先端カバーの切り欠きに小さなマイナスドライバーなどを差し込んで外します。

ノズル固定のバネ?をラジオペンチなどで取り外す。ネジも外します。

スイッチに繋がったホースを外します。刺さっているだけなのでグリグリねじると抜けてきます。

新しいホースをグリグリねじ込んでノズル側は終了。

本体側はネジ2本で止まっているだけなので組み替えればホース交換だけならこれで終了。

でもせっかく本体カバーも付いているので交換してみましょう。

本体カバーの交換(EW1250Pのみ)

本体カバーは旧型「EW1250P」のみで交換できます。

まずは水圧調整ダイアルを取り外します。

こんな感じでハマっているだけなので無理くり引っ張って抜きます。

結構硬いのでペンチなんかがあると便利。

次は裏面のゴム足を抜いていきます。

ネジは6箇所。

カバーを外すとメインユニットが顔を出します。

新しいカバーを付けてネジ止め。

足とホースも取り付けて完成です。

めっちゃキレイになりました(^^)

これであと5年は戦えるような気がします!

中国製ならもっと安価な機種もありますが、長く使えるのでパナソニックせいがオススメかな?

関連記事

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です